トップページ | 2004年1月 »

寝台列車の恐怖

29日まで仕事だったので、今日やっと帰省です。
飛行機のスカイメイトが期限切れになってからは、ずっと寝台列車で帰省しています。京都駅から直で行けるのもいいし。京都からだと、関空も伊丹もちょっと遠いです。

のんびりしていられるので、寝台列車は結構好きなんですが、今回はちょっと大変でした。
駅で並んでいる途中で大学生らしきカップルを見かける。「おー、カップルで帰省かあ。微笑ましいなあ」と思っていたら、なんと女の子の席が僕の隣...。男の子がそちらにきて、一緒にご飯を食べ出す。っていうかあーんとかしてるよ!

さすがに困ったので、カーテンの中に引っ込んだのですが...

女の子:「何して遊ぶ? 近況報告会とか...」
男の子:(ごにょごにょ)
女の子:それは暗くなってからじゃないと...

ってオイ!
もう気分は (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル です。

あとは音楽を聴きながら速攻で寝ました。逃げの一手。
神様、今年は(一応)働いて、(ほんのちょっと)社会にも貢献したのに、なんでこんな仕打ちなんでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

DialyNoteでの日記

以前、DialyNoteさんで書いていた日記をアップしてみます。

2003年1月
2003年2月
2003年3月
2003年4月
2003年5月
2003年11月
2003年12月

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吉野屋と日本ブレイク工業

今日吉野屋に行ったら、フツーに日本ブレイク工業が流れていた...。思わず吹いてしまいました。
さすが吉野家。その辺りのネタはきちんとおさえてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んだマンガ

久しぶりにマンガ喫茶へ行ってきました。読みたいマンガはたくさんあるし、別に買ってもいいんですけど、場所を取っちゃうんですよね。というわけで、マンガ喫茶でまとめて読むことが多いのです。
買ってもないのに何か書くというのはあれなのですが。メモ程度で。

---

彼氏彼女の事情 17

アニメが好きで、それ以来ずっと追いかけているのですが、今回はさすがにうっそーという感じです。結構平然としている雪野さんがスゴイ。いや、なんというか。

げんしけん 3

これってリアルなんだろうか? うちのサークルに部室があったら、こんな感じになってたかも。絵的には「たかまれタカマル!」の方が好きです。ナルトよりシャーマンキングな人なので。

医龍 5

「ブラックジャックによろしく」より面白いという評判な作品なのですが、この二つは比べても意味がないような気がする。こちらはどちらかというとヒーローものですし。
研修医・伊集院の成長が気になってしまいます。

EDEN 1~10

最新刊だけを読もうと思ったのですが、全く話がわからなくなっていたので最初から読み直すことに。最近はアフタヌーンの方では追いかけられなくなってしまったのですが、改めて読み直してみると、やっぱり面白い。でも、これを月刊誌で追いかけるのは無理ですよ。

EDENのことをエヴァと比べて、パクリだという意見を見たことがあるのですが、それは適切な批判ではないと思います。作者さんがエヴァのことに言及して、「やられてしまったと思った」と語っていたのをどこかで見たのですが、その後エヴァを最後まで見て、「まだやれることがあるんじゃないかと思った」とも語っていました。
EDENがエヴァと決定的に違っているのは、いろいろ曲がりくねりながらも、作品を投げていないことだと思います。このマンガをうまく収束させることはかなり難しいかもしれないのですが、作者さんにはぜひこの作品をやり遂げていただきたいです。
そうしたら、もっと正当な評価を受けることができるんじゃないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モブログしてみる

ココログの売りの一つに、ケータイから投稿できる「モブログ」という機能があるら しいので、使ってみます。 でも、やっぱりこれはカメラつきケータイが欲しくなりますね。

よくマンガとかで、ヲタク風の少年が 「このボタンを押せば、この写真は即ネットにアップされちまうぜ!」というような セリフを吐いたりしてるのですが、そういうのが誰でもできる時代になってしまいま した。

そう言えば、モブログってミステリのネタに使えそうだな。

「モブログにその写真を投稿した後、彼は姿を消した。しかし、写真は投稿され続け る。僕はその写真だけを手がかりに彼を追う。」

みたいな感じか。ありきたりだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なか卯の「鶏塩うどん」

この前なか卯の鶏塩うどんを食べたんだけど、これってラーメンに分類すべき食べ物じゃないだろうか。
うどんだって言われたらちょっと変だけど、ラーメンだと言われたら鶏のだしがよく効いていて、すっきりとしたよい味だと思う。
っていうか普通に美味しいですので、塩ラーメンが好きな人にはおすすめです。

麺類におけるラーメンっていうくくりは、小説におけるミステリーっていうくくりと似てるような気がするな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゲストブック

とっても手抜きですが、ゲストブックを作ってみました。

| | コメント (6)

ラーメン “あらうま堂”

Yahoo!グルメ - らーめん あらうま堂 梅田一番街店
僕はラーメンが結構好きなので、美味しそうな所を見つけたら食べてみることにしています。けど、四年近くも大阪をうろちょろしていたのに、このお店は知りませんでした。とっても便利な場所にあるんですけどね。
何しろ地下にあるので、地図を見ても場所がさっぱりわからないと思うのですが、要するに阪急梅田駅から阪急デパートに行く途中の、あの平たいエスカレータの横の食堂街です。JR大阪駅じゃなくて、HEPの方ですね。

ラーメン一杯600円と、この界隈にしては普通な値段なのですが、キムチとメンマが食べ放題な上にサイドメニューが結構お得(ライス小は70円です)なので、とても満足できます。で、このキムチとメンマが旨いんだ。ライス並頼んで、このキムチとメンマ食べても満足できるくらい。もちろん怒られるだろうけど。

ラーメンは醤油・塩・味噌と揃っていて、チャーシューもこってりとあっさりから選ぶことができます。
今日は塩のあっさりチャーシューを食べてきました。チャーシューもよくスープに馴染んでいて、トータルで満足できる一杯でした。
それにしても、味と値段と立地の良さをこれだけのレベルで備えているお店ってそうはないですよねえ。夜遅くまで(午後24時まで)やってるというのも素晴らしいです。
これから大阪に行く時は、ついよっちゃいそうだなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

雪だ!

京都市内で今年はじめての雪です。大阪ではほとんど雪が降らなかったので、ちょっと嬉しいです。
青森に比べたらささやかな雪だけど、ちょっとでも降るのは嬉しいですね。

京都の冬はかなり寒いのですが、雪もないのに寒いと何かすごく変な(というか、損をしたような)気分になります。
多分温度に関しては青森の方が低いんでしょうけど、人間の感覚というのは、温度だけに影響されるわけではないので。
寒いのに雪がないというのは、何というか文字通り寒々としていて、よけいに寒く感じてしまいます。

そう言えば大学生のころ、終電乗り過ごして京都の町で一晩明かしたことがあったなあ…。ポケモンやってたから退屈はしなかったんだけど、あの時はホントに凍え死ぬかと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青森的良スレ

8月までに立佞武多作るぞ
もう一つすごく好きなスレをリンクしておきます。もろに地元ネタですけどね。
ニセブラジルさんの人柄が最高。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虐殺AAについて

本当はこれを書きたくて前の記事を書いたようなものなのですが……

現在、直接モナー板を見ることを勧められない理由は他にもありまして、それは、虐殺AAです。
虐殺AAというのは、その名の通りAAキャラクタを虐殺するというAAで、「虐殺スレ」というカテゴリのスレッドで発展してきました。内容としては好きな人の方が少ないでしょうが、技術レベルとしては非常に高いものです。

ただ、現在は虐殺スレ以外でも、単なる荒らしとしてコピペされることが多くなり、特にしぃというキャラクターが出てくるスレッドはほぼ100%荒らされてしまいます。虐殺AAを見た人は大体気分を悪くするでしょう。そして、二度とモナー板には行かないと思います。

2chのイメージとして「なんでもあり」というのがあると思いますが、実際にはそうではありません。書き込む内容には、一応のルールが存在します。

この中でも、2chにおける最大の悪とされるのが、「スレ違い」です。各スレッドにはテーマがあり、それに関連のあることを書くというのが、2chにおける、本当に最低限のルールです。例えインモラルなことでも、スレの趣旨に合ってさえいれば、2chでは問題になりません。(他の所で問題になるかもしれませんが。)
このルールに沿わない書き込みは「スレ違い」とされ、それが連続すると「荒らし」となります。

モナー板における虐殺AAは、そのスレッドの中ではスレ違いではありませんでした。例えどんな酷い表現でも、スレの趣旨さえ合っていれば問題はないのです。(僕は見に行きたいと思ったことは一度もありませんが。)
ただ、これが他のスレッドにコピーされてしまうのは問題です。虐殺AAに出てくるキャラクターは、確かにモナー板のキャラクターなのですが、そのスレッドのテーマとは合致しておらず、荒らし以外の何ものでもありません。

2chにおいて荒らされるのは、モナー板だけではありません。荒らしはどこにでもいます。

荒らしに対する処置は色々あるのですが、その中で共通しているのは、「放置」というものです。これは2chを利用してきたたくさんの人たちの経験則であり、荒らされがちなスレッドには、必ず「荒らしは放置」という注意書きが書かれています。
僕が思うに、荒らしというのは一種の喝采願望なのだと思います。負の喝采願望というのでしょうか。
荒らしをする人たちは、荒らしをすること自体が楽しいのではなくて(中にはそういう人たちがいるかもしれませんが)、人々がそれに反応してくれるということが楽しいのでしょう。
自分のしたことに対して、誰かが反応してくれるというのは楽しいものです。(この楽しさは、ブログのトラックバックやコメントの楽しさにも似ています。)例えそれが非難であっても、楽しむことのできる人はいるでしょう。
「荒らしは放置」という言葉が唱え続けられていることが、それを示しているように思えます。

では、なぜモナー板だけが、このように執拗な荒らしにあっているのでしょうか?
それは、モナー板に来る人たちが、モナーを始めとする2chキャラクターが好きだからなのだと思います。
好きであれば好きであるほど、それが貶められることに耐えるのは難しいのです。どうしても過剰に反応してしまいます。キャラクターに感情移入しているところに虐殺AAを貼られたら、例え「荒らしは放置」を知っている人たちでさえも、反射的に反応を返してしまいます。
荒らしが好きな人たちにとっては、まさに思うつぼでしょう。

好きであれば好きであるほど、対処が難しくなる……ゆえに、これは、モナー板における構造的な問題になってしまっています。2chの形式上、根本的な解決は難しいかもしれません。
一度モナー板が廃れて、荒らしたちがそこを去れば……もしかしたら、また昔のような環境が戻ってくるかもしれません。その時は、前の記事で紹介したようなサイトが、そのルネッサンスの起点になるのでしょうね。

最後に、僕が個人的にコピーしておいたスレッドを貼っておきます。

ときめきアスキーアート

今では、このようなスレッドは100%荒らされてしまうでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスキーアートへの案内

昨日アスキーアートっていうのを取り上げたのですが、2chを見る人以外には馴染みが薄いかもしれませんので、軽く紹介しておきます。

アスキーアートというのは、パソコン上のフォントを使って絵を描くというなんとも込み入った絵画表現のことです。2chでは、主に「AAサロン」「モナー」「AA長編」「顔文字」板で作成されていますが、特に2chオリジナルと言われる「モナー」「ギコ」等のキャラクターが活躍しているのがモナー板です。モナー板を見ない人でも、2chを訪れる人なら大抵はこのキャラクターを知っているはずで、俗に言う2ch文化に与えた影響はかなり大きいと思います。

ただ、いきなり2chのモナー板を訪れるのは、ちょっと止めた方がいいと思います。多くのスレッドは、ある程度AAに関する知識があることを前提にしていますので。過去の作品をまとめているサイトがありますので、そちらを先に見るのが賢明かと。過去の作品を見ているだけで十分面白いですしね。

というわけで、その手のサイトを挙げておきます。

モナー童話集
モナー板の中でも、「古典」と呼ばれる作品群が並んでいます。
名作と言われる「8頭身のモナーはきもい」をはじめ、「ご隠居の静かなネット暮らし」とかも面白いですね。

AsciiArt Headline
ここはもっと網羅的です。

AA大辞典(仮)
AAが分からないときはこちら。

山奥のしぃ先生
凄いの一言。特に第二幕までは圧巻です。

しぃの歌
正確にはアスキーアートではないですが、2chキャラクタのフラッシュの中では名作と呼ばれるものの一つです。

この中でも抜群のクオリティと思うのが、山奥のしぃ先生です。設定といい、技量といい、下手なマンガよりも面白いかもしれません。こういうのを見ると、アスキーアートは本当にアートなんだなあと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アスキーアートコンテスト

アスキーアートコンテスト
かなり笑った。なぜに石原慎太郎さん主催ですか?
等幅というのは難しそうだなあ。2ch発アスキーアートのクオリティは、プロポーショナルフォントあってのものだし。職人さんはなんとかしちゃうんでしょうけどね。
ニュース速報+に早速スレが立ってます。

【石原】東京都がAAコンテストを開催【応募汁!】

この中の1レスを引用。

92 名前:名無しさん@4周年[sage] 投稿日:03/12/14 17:06
皇太子AAだけはまずい

確かにw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萌える英単語

アマゾンの「おすすめ商品」のトップが、萌える英単語もえたんになっていた…。なんかいろいろ見抜かれてるなあ。
確かに面白そうだなーとは思うんだけど、これをオススメするというのはどうなんだろうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続けられそうです

ニフティ会員以外へのココログ提供
前に「250円コースにしたんだけど、日記が削除されない」と書いたのですが、こういう理由があったんですね。
これでココログを使い続けることができます。ビバニフティ。
今まで日本のブログっていうのは、個々で有名なサイトとかはあったけど、いまいちコミュニティとは言えない感じだったんですが、ココログはそういうものが出来ていっている感覚がありますね。

僕は今まで、ほぼメールアドレスのためだけにニフティのアカウントを使っていたのですが、ココログも使えるようになったことで、250円コースはかなりお得感が増したんじゃないかと思います。ニフティの魅力は、何と言っても「hoge@nifty.com」というシンプルなメールアドレス。メールの転送も、外部からのメール利用もほぼ自由に出来るし、このサービスさえ使っておけば、「メールアドレスが変わった」なんてことはまずあり得ません。

ということで、例えば今大学生で、これから就職でどこに行くかわからないなーという人は、あらかじめニフティの250円コースでメアドを取っておくことをオススメします(^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コースを変えたんだけど

ずっとエアエッジで通信していたので、ニフティの無制限コースを使っていたのですが、ADSLに変えてからその必要もなくなったので、またメアド用のコースに戻すことに。
でもこれだと、ココログ使えないんじゃ...?
まだ使えてるってことは大丈夫なのかな。それともそのうち消えちゃうんだろうか(^^;
そうなったらダイアリーノートに逆戻りだなあ。あそこも結構使いやすいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Winnyに参加しただけで摘発も?

リビング+:Winnyに参加しただけで摘発も? ~ACCS

なんか凄いタイトルなんですが、引用してみますと、

 Winnyでは、前述のとおりファイル交換が成立するまでには複数のユーザーが介在する。Winnyユーザーにとって、第3者的な立場で違法ファイルを中継しただけでも罪に問われるかどうか、気になるところだ。

 坂田氏は、「ファイル交換ネットワークに参加すること自体、摘発につながるということは言えるのではないか」と話す。

 「ユーザーは(流通するファイルが)ほぼ100%、他人の著作物であることを把握、想像しているはず。それでもあえて使い続けるなら、(著作権侵害に)加担している、あるいはその主体であるという認識があるのだろう」。

うひゃあ、そんな訳のわからない解釈もできるんですね。法律って怖いなあ。この人はWinnyポエムとかジャッカルを集めてる人も違法だって言うんだろうか?

キャッシュの分散は匿名性の向上という面もあるけど、システム全体の負担を均等にするという効果があって、これはインターネットのパケットという考え方と基本的には同質だと思うんだけどな。大規模にファイルを配布したい時には、この方が全体として効率的なんだが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウンタつけてみました

sidewinder: カウンタをつける方法で紹介されていた方法で、カウンタをつけてみました。ありがとうございます>pfruitさん
確かに左揃えなのはちょっと変だけど、実用的には十分ですね。

ココログは結構使いやすいと思うけど、特にクイック投稿が強力だと思います。ニュースを拾ったり、リンクとか作るのがとても簡単。
あとはココログ内の検索をなんとかして欲しいなあ。折角トラックバックとかの連係機能があっても、トップの新着記事からしか記事を探せないのはかなり不便です。
この辺りダイアリーノートさんは、カテゴリや住んでいる地域別のリストがあって、非常に巧いと思ったのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ココログに登録してみました

@niftyがウェブログサービスを始めたということで、早速登録してみました。デザインとかが簡単で、使いやすいですね。
URLを自動リンクする設定があったらもっといいかな。
あと、メールから記事を送る機能は題名に全角文字を使うと文字化けしちゃいますね。文字数制限があるようですし。

これからはこっちで更新してみようかなと思います。以前はダイアリーノートを利用していました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Winnyという革命

さてさて、何から書いたものやらというくらいの大事件です。
と言っても、昨日書いたとおり、ネットを使ってる人にしか関係ないんですけどね。

端的に言うと、Winnyというファイル共有ソフトでゲームソフトやら映画やらを公開していた人二人が逮捕されて、Winnyの作者も家宅捜索を受けたということです。
Winnyっていうのが何なのかというのは...一年ほど前に書いた文章があるのでこちらを参照してみて下さい。
http://www4.kcn.ne.jp/~b--j/chat15.htm

この事件はメディアでも報道されています。新聞社のサイトはこちらから辿ることができます。
http://www.tanteifile.com/tamashii/index1.html

この事件で2chのニュース速報+とDowmload板が飛びかけ、様々な噂が飛び交っています。曰く、作者はオレ達を売った、最新版のWinnyはIPが丸裸になっていた。曰く、捕まった奴らはファイルをWebで公開していたので、そこから足がついた。

ちょっと面白いのが、Download板の「47氏はNY2の更新をなぜしなくなったのか!?」というスレに、11月半ばにこのような書き込みがあったことです。

47 名前:[名無し]さん(bin+cue).rar[sage] 投稿日:03/11/14 11:45 ID:LqIZkowC マジレスしてやるとTBSがny、winMX特集組む時に47氏のコメント取りたくて探索した結果、居場所突き止めちゃったんだよ。凡そ二ヶ月前の話しだ。 しつこくインタビュー申し込んだんだが、47氏は頑なにそれを拒否した。 最初に自宅へいきなりTBSのスタッフが現れた時の47氏の表情は「なんで?」って感じで青ざめてたそうな。 それ以降、verupしなくなった。これからも出てこないよ。 仕事も家庭も大事だろうしw 信じる信じないは勝手だが12月か年明け早々にもに大きな動きあるから。 楽しみにしてろ。

いやはや、ここまで来るとオカルトですな。
ちなみに、今Download板で主流の意見はこんな感じです。

警察が解読したってのはキャッシュのデコードとノード情報のIPアドレスへのデコードだけだろ。こんなもんとっくにWCIで実現されてる。

とあるIPアドレスからのパケットをインターセプトしてその中身を確認する、って意味だと公開鍵方式でやりとりしてるからまず不可能だよ。

結局、警察はプロバから被疑者のIP提出させた上で1ユーザーになって被疑者と交信し、違法なものが被疑者のHDのキャッシュフォルダもしくはUPフォルダにあるのを確認した上で、UPフォルダにあることを期待して踏み込んだってことだ。

結果は、警察の図星だった訳だが、被疑者が用心深い奴でUPフォルダの中身をすべてキャッシュ化してればそれが原因では逮捕には至らなかっただろう。

というか、逮捕の容疑はWINNYで違法な物をUPしたことじゃなくて、WINNYでGETした違法なものをヤフオクで売ったり、自分のHPにUPしてたことだろ。

だから、NYの匿名性が破られた訳じゃない。

さてさて、真実はどこにあるのでしょうか?
作者さんの登場が待たれるところです。

Winnyっていうのは何なのか...というのはよく言われるんですが、一言で言うと、「革命」ですね。しかも、相当な流血を伴う、とても荒っぽい革命です。

Winnyの登場によって、既成の著作権という概念はほとんど意味を持たなくなってしまいました。例えWinnyの作者さんが訴えられ、Winnyの開発がストップしたとしても(警察がどんな罪で作者さんの家を捜査したのかは見当もつかないのですが)、Winnyという思想は既に世に出てしまっています。誰かが、今度はWinnyよりもさらに優れた共有ツールを作ることでしょう。

作者さんがWinnyで何をやりたかったのか、それこそ作者さんにしかわからないわけですが、一つには、先取りをしたいというのがあったのではないかと思います。

つまり、Webというツールで従来の著作権という概念は成り立たなくなってしまう。どうせそうなるならば、Winnyのようなツールを作って、世の中がWinnyがあっても問題ないような仕組みに変わっていくのを促すことができるのではないか。ということですね。

幸いなことに、そういう試みは進みつつあります。それがWinnyに促されたものかはわからないですけどね。

参考:
http://www.zdnet.co.jp/broadband/0311/19/lp21.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年1月 »