« アスキーアートへの案内 | トップページ | 青森的良スレ »

虐殺AAについて

本当はこれを書きたくて前の記事を書いたようなものなのですが……

現在、直接モナー板を見ることを勧められない理由は他にもありまして、それは、虐殺AAです。
虐殺AAというのは、その名の通りAAキャラクタを虐殺するというAAで、「虐殺スレ」というカテゴリのスレッドで発展してきました。内容としては好きな人の方が少ないでしょうが、技術レベルとしては非常に高いものです。

ただ、現在は虐殺スレ以外でも、単なる荒らしとしてコピペされることが多くなり、特にしぃというキャラクターが出てくるスレッドはほぼ100%荒らされてしまいます。虐殺AAを見た人は大体気分を悪くするでしょう。そして、二度とモナー板には行かないと思います。

2chのイメージとして「なんでもあり」というのがあると思いますが、実際にはそうではありません。書き込む内容には、一応のルールが存在します。

この中でも、2chにおける最大の悪とされるのが、「スレ違い」です。各スレッドにはテーマがあり、それに関連のあることを書くというのが、2chにおける、本当に最低限のルールです。例えインモラルなことでも、スレの趣旨に合ってさえいれば、2chでは問題になりません。(他の所で問題になるかもしれませんが。)
このルールに沿わない書き込みは「スレ違い」とされ、それが連続すると「荒らし」となります。

モナー板における虐殺AAは、そのスレッドの中ではスレ違いではありませんでした。例えどんな酷い表現でも、スレの趣旨さえ合っていれば問題はないのです。(僕は見に行きたいと思ったことは一度もありませんが。)
ただ、これが他のスレッドにコピーされてしまうのは問題です。虐殺AAに出てくるキャラクターは、確かにモナー板のキャラクターなのですが、そのスレッドのテーマとは合致しておらず、荒らし以外の何ものでもありません。

2chにおいて荒らされるのは、モナー板だけではありません。荒らしはどこにでもいます。

荒らしに対する処置は色々あるのですが、その中で共通しているのは、「放置」というものです。これは2chを利用してきたたくさんの人たちの経験則であり、荒らされがちなスレッドには、必ず「荒らしは放置」という注意書きが書かれています。
僕が思うに、荒らしというのは一種の喝采願望なのだと思います。負の喝采願望というのでしょうか。
荒らしをする人たちは、荒らしをすること自体が楽しいのではなくて(中にはそういう人たちがいるかもしれませんが)、人々がそれに反応してくれるということが楽しいのでしょう。
自分のしたことに対して、誰かが反応してくれるというのは楽しいものです。(この楽しさは、ブログのトラックバックやコメントの楽しさにも似ています。)例えそれが非難であっても、楽しむことのできる人はいるでしょう。
「荒らしは放置」という言葉が唱え続けられていることが、それを示しているように思えます。

では、なぜモナー板だけが、このように執拗な荒らしにあっているのでしょうか?
それは、モナー板に来る人たちが、モナーを始めとする2chキャラクターが好きだからなのだと思います。
好きであれば好きであるほど、それが貶められることに耐えるのは難しいのです。どうしても過剰に反応してしまいます。キャラクターに感情移入しているところに虐殺AAを貼られたら、例え「荒らしは放置」を知っている人たちでさえも、反射的に反応を返してしまいます。
荒らしが好きな人たちにとっては、まさに思うつぼでしょう。

好きであれば好きであるほど、対処が難しくなる……ゆえに、これは、モナー板における構造的な問題になってしまっています。2chの形式上、根本的な解決は難しいかもしれません。
一度モナー板が廃れて、荒らしたちがそこを去れば……もしかしたら、また昔のような環境が戻ってくるかもしれません。その時は、前の記事で紹介したようなサイトが、そのルネッサンスの起点になるのでしょうね。

最後に、僕が個人的にコピーしておいたスレッドを貼っておきます。

ときめきアスキーアート

今では、このようなスレッドは100%荒らされてしまうでしょうね。

|

« アスキーアートへの案内 | トップページ | 青森的良スレ »

2ちゃんねる」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虐殺AAについて:

« アスキーアートへの案内 | トップページ | 青森的良スレ »