« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

アリアンロッドクラス考察:ウォーリア編

上級ルールも無事に発売され、アリアンロッドというゲームの体裁が一応整った今日この頃。皆様、楽しいダンジョンライフを送っておりますでしょうか。
材料も整ったことですし、ここでアリアンロッドのクラスの組み合わせを考えてみたいと思います。「軽いノリのダンジョンゲー」というアリアンロッドのコンセプトから言って、考察もRPGの攻略本ライクに行くのがよいのではないかと。本当は、上級ルールへのエラッタが出てからの方がいいかなとは思ったんですけどね。いつになるかわからないので。
前提としては、7月15日付けのエラッタを適用したルールで、レベルが1~5程度のキャラクターを対象に考えてみます。

まずは、ウォーリアがメインの組み合わせから。

◆ウォーリア・ウォーリア
基本的に同じクラスの組み合わせは、レベルが上がると報われなくなってきます。ただし、例えば初期レベルでの冒険なら、ウォーリア・ウォーリアは十分有効な組み合わせです。ボルテクスアタックが強力になるのはもちろんのこと、スキルもマスタリー、インビジブルアタック(もしくはスマッシュ)、バッシュと強力な組み合わせが実現出来ます。
フレーバー的にイメージが湧きやすいのもよいですね。戦士、傭兵というイメージにぴったりです。

◆ウォーリア・アコライト
いわゆる「神官戦士」というイメージですね。攻撃力は少し落ちますが、精神力が上がるところから、プロブォックとの組み合わせもよいですし、パーティーの盾として活躍できると思います。
あと、ホーリーウェポンを育てるのも地味に強いですね。メジャーアクションは使ってしまいますが、SLごとにダメージ+3というのは、SLごとに期待値でダメージ+3.5のバッシュと遜色ないわけですし。

◆ウォーリア・メイジ
いわゆる「魔法戦士」ですね。最近の魔法戦士と言えばリウイなんでしょうが、あれはむしろメイジ・モンクなんじゃないかという気もします(^^;
ただ、ウォーリアとメイジはスキルの軸が完全に分かれてしまうため(例えばボルテクスアタックとマジックフォージを見てもそうだと思います)、あまり有効な組み合わせではないと思います。~ウェポン系もかけてもらえば済む話ですし...。

◆ウォーリア・シーフ
非常に有効な組み合わせです。トラップ感知できる人が複数人いると非常に有利ですし、バタフライダンスでの回避力上昇、インビジブルアタック+フェイントでのクリティカル狙いなど、戦闘に役立つスキルもたくさんあります。あともちろん、インタラプトはあればあるだけよいです(^^;
イメージ的には軽戦士でしょうか。ダンジョン探索もできるということで、いわゆる「冒険者」という感じもあります。

◆ウォーリア・サムライ
白兵戦闘系では無二の攻撃力を誇る組み合わせです。初期作成段階では苦しいですが、成長するとトゥーハンドアタックが意味不明に強力です。
ただ、スピリット・オブ・サムライを取らなければならないこともあり、防御面がおろそかになりがちなのも確か。プロテクションを飛ばしてくれる人がいないと苦しいですね。
あと、最大の難点はサムライというフレーバーにある気もします。もちろんサムライをやりたいならいいんですが、アリアンロッドの世界観だと色物になってしまいがちですし。キャラクターの幅が狭いんですよね...。

◆ウォーリア・モンク
ウォーリア・サムライが攻撃に優れた組み合わせであるのに対して、ウォーリア・モンクは防御面とのバランスに優れています。HPが自動的に上昇しますし、精神力の上昇がアイアンフィストにも効いてくることから、プロブォックとの相性が抜群です。ただ難点は非常にMP食いなことで(追加されたエナジーフロウによってこの傾向はさらに強まりました)、モンクのキャラクターを作る際には、初期作成段階で精神力を出来る限り上げておくことをお勧めします。
イメージ的には格闘家。多分、ウォーリア・モンクはプロブォックが一番絵になる組み合わせじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?(ソウルバスターがそれに続くと、なお格好いいですね。)

◆ウォーリア・サモナー
動物の王の力を借りて戦う戦士、というのは、フレーバー的には非常に面白いと思うのですが、実際はウォーリアと絡むスキルがあまりありません。もちろん、MPが増えるファミリア、抵抗される心配がないガーディアン、アラクネ、シームルグなどは有効なのですが。ウォーリア・メイジよりは有効な組み合わせですね。
例えば、ファミリアを自分に憑依させて戦うとかいうスキルがあったら面白かったんじゃないかなと思います。

◆ウォーリア・レンジャー
いわゆる「弓使い」ですが、ボルテクスアタックが無駄になってしまうため、相性が悪いと思われがちです。ただし、ウォーリア・レンジャーには非常に強力な存在意義があります...それは、カバーリングです。
カバーリングの難点は、同じエンゲージにいる対象しか守ることができないということです。普通ウォーリアの攻撃は白兵攻撃なので、前線に出て行くと、敵の射撃攻撃から魔法使いたちを守ることができません。
しかし、レンジャーは射撃攻撃が出来るので、攻撃と同時に魔法使いたちを守ることができるのです。これは大きな魅力です。パーティのメンバー数に余裕がある場合には、考慮に値するのではないでしょうか。インビジルアタックも使えますしね。
こうなってくると、ファイアーエムブレムの弓兵という感じでもあります。

◆ウォーリア・バード
ちょっとイメージを持ちにくい組み合わせではありますが、ディスコード、ファイトソングといったスキルはスキル単体でも使えるため、補助にはいいかもしれません。

◆ウォーリア・アルケミスト
いわゆるハガレンの組み合わせですね。ただ、ウェポンフォージはホーリーウェポンに劣るし、マシンリムは効率が悪すぎるし、どちらかというと趣味の世界に入るのではないでしょうか。シーフ・アルケミストで短剣ウェポンクリエイト両手持ち、という方が主流のようですね。
もちろん銃を持てば、ウォーリア・レンジャーと同じカバーリング戦術を取ることが出来ます。

◆ウォーリア・ガンスリンガー
上級ルールで追加されたガンスリンガーは、魔導銃という10m~至近で使うことの出来る武器を操るクラスです。レンジャーを短距離対応にした感じでしょうか。
ラストリゾートでボルテクスアタックを生かすことができるのは良いのですが、それ以外はウォーリアと組み合わせる意味があんまりありません。射程が短いので、レンジャーと同様のカバーリング戦術も取りにくいですし...。どちらかというとシーフ・ガンスリンガーの方がお勧めです。

◆ウォーリア・セージ
メイジ強化の目的で導入されたセージですが、ウォーリアとの組み合わせも意外に有効です。どちらかというと、戦線で戦う司令官という感じになるでしょうか。エンサイクロペディアは普通に便利ですし、アドヴァイス、ウィークポイント、タクティクスといったスキルで味方を強化することができます。使い方によってはアトリビュートもいけるかも...? 夢が持てますね。

◆ウォーリア・ニンジャ
東洋の魔法戦士であるニンジャ。ウォーリアにとっても便利なスキルが揃っています。はやり魅力的なのは、ダイスの振り直しが出来るシークレットアーツでしょうか。ブロウアップも非常に強力なのですが、判定が魔術なので、ウォーリアが使うと当たりにくいでしょうね...。
ウォーリア・サムライとウォーリア・シーフの中間が欲しいという人向けかと思います。もちろん、ニンニンをやりたいなら一択ですが。

◆ウォーリア・ダンサー
バードっぽいスキルと攻撃・防御のスキルが入っているダンサーは、やはりエアリアルレイブが強力です。天翼族またはハーフブラッドでウィングを取れば簡単に使えますし、例えばレベル1のキャラクターでも、マスタリー+インビジブルアタック+エアリアルレイブ+ダンシングヒーローで、フェイトを使わずに命中でダイス6個を振ることが出来ます(MPを10使ってしまいますが...)。こりゃヤバイ。
イメージ的にもかっこいいですし、追加されたクラスの中では、ウォーリアとの相性は一番良いんじゃないでしょうか。もちろん、マタドールや各種ステップもなかなか便利です。

攻撃に特化するか、防御とのバランスを考えるか。人数が少ないパーティならバランスを考えて、人数が多いならどちらかに特化するというパターンがよいかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶テレビ

ボーナスで何を買うか、というのを前から考えていました。
最初は確かナナオのディスプレイを買って、次はデスクトップパソコンを買ったので、次はノートパソコンかテレビかハードディスクレコーダーかなあと思っていました...が、最近テレビの調子が悪く、なんかバチバチ言うようになったので、選択肢はなくなってしまいました。とにかく一刻も早くテレビを買わないと危ないのです。

しかしテレビというのは、下手をしたらパソコンよりも選ぶのが難しい製品です。
今はちょうどアナログ放送からデジタル放送への移行期にあたる時期で、将来的な拡張を見越すにしても、D2で十分なのか、D4が要るのか、サイズは4:3にするか、ワイドにするか、大きさはどの程度か、悩み出したらきりがありません。

珍しくさんざん悩んだ結果、選んだのは、シャープLC-20K1でした。(機能はこちらが詳しいです。)

サイズは結局4:3、20インチ。今まで使っていたテレビが25型だったので、ほぼ同じ大きさです。機能的には、このクラスで詰め込めるものは全部詰め込んである感じでしょうか。どうせ買うならスペックが上のものを、という判断でした。
4:3にしたのは、結局見るのは4:3のソースが多く、アナログ放送が終了する頃には買い換えるだろう、という判断です。ゲームもまだまだ4:3でしょうしね。

届いて使ってみた感触では、当たり前ですが非常に快適です。特にD端子でゲームキューブをプログレッシブ表示したときの画質は感動的でした。なるほど、本当はこういう画面だったんですねえ。
パソコンに接続したときの表示も、XGAなのでなかなか使える印象です。XGAのパソコンゲームをやるなら、こちらに表示した方がよさそう。

難点としては、結構大きかったこと。画面は今までとそれほど変わらないのですが、大きいスピーカーが横についているので、結構幅を取ります。アンダースピーカーのモデルの方がよかったかなあ...。
まあ、横に着いてる方がステレオ感は出るだろうから、微妙なところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Coda WebGroup

僕は大学のとき、RPG研というゲームサークルと文芸部を掛け持ちしておりました。

Coda WebGroupは、その文芸部のOBで作成している投稿サイトです。技術的な特徴としては、Movable Typeを使って、複数人が自分で投稿できることです。ブログですから、コメントもつけられますし、今回のようにトラックバックを撃つこともできます。
デザイン面に関しては、すちゃらかCSS素材集さんを参考にさせていただきました。

本当は、Codaという会誌もとっくにできていないといけないのですが、僕のせいで遅れに遅れております。原稿は全部来てるのに...。早くやらなければ。

こういった創作に触れることは、あまりないと思うので、時々のぞいていただけたら嬉しいです。
僕も今後作品を書くことがあったら、こちらのサイトに投稿しようと思います。(B/Jというのが僕のペンネームです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JavaScript

プログラム言語の中には、オブジェクト指向スクリプト言語というカテゴリがあります。

C++やJavaなどの本格的なオブジェクト指向言語などとは違って、コンパイル要らずで手軽に使うことの出来るという点で人気があるようです。ozumaさんの好きなRubyや、gamellaが使っているPythonが代表的な例でしょうか。

Rubyは日本人が作った言語なので、日本では一般的にRubyの方が人気があるのですが、Pythonには非常に有力なライブラリが揃っていること、そしてRubyがあまりにもUnix的過ぎることにより、Pythonを好んで使う人も多いようです。

で、僕は普段の自動処理に何を使っているかというと...実はRubyもPythonもPerlも使っていません。もっぱらJavaScript(より正確に言うと、そのwindows上の実装であるWSHと、Peggy上の実装であるMocaScript)です。

JavaScriptというと、大体はウェブサイトに動的な動作をさせるのに使われる言語というイメージになると思います。しかも、そう言うページは大体がうざったいだけで(ポップアップなどにもよく使われる)、良いイメージを持たれることはあまりありません。当然のごとく、JavaScriptという言語も一般には良いイメージを持たれていないと思います。しかし、使ってみるとわかるのですが、JavaScriptは至極まっとうなオブジェクト指向言語であり、しかも非常にユニークな実装を持っています。

優れた解説サイトも幾つかあります。

オブジェクト指向プログラム言語としてのJavaScript
Hawk's W3Laboratory

JavaScriptの面白さは、他の言語で言うクラスを動的に扱えるということです。例えば、

var hoge = new Object();
hoge.hoge = "hoge";

などとやっても全然怒られません。なぜかというと、これは内部的にはこう書くのと同じだからです。

var hoge = new Object();
hoge["hoge"] = "hoge";

要するに、オブジェクトのメンバーは全部連想配列に過ぎないのです。関数もオブジェクトなので、次のように書くことができます。

var hoge = new Object();
hoge.hoge = "hoge";

hoge.func = function() {
  return this.hoge + this.hoge;
};

これで hoge.func() と呼べば、"hogehoge" が帰ってきます。同じ型の新しい変数を作りたかったら、メンバーを全部コピーしてしまえばよいわけです。
また、関数がオブジェクトなので、引数として渡すことによって、イテレータのようなこともすることができます。

クラスの宣言が要らないということは、言語としてRubyやPythonよりもさらに一段階安易に使えるということです。もちろん大規模なプログラミングには向いていませんが、ささっと書くには非常に楽ですね。あと、実装も楽だと思います。現に、JavaScriptには、各種ブラウザをはじめ、非常に多数の実装があります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

肩こりその後

先日肩こりがすると書いたのですが、母さんに言われた通り肩を冷やさないようにして、あとRealforceを使っていたら直ってしまいました。
Realforceは確かに凄く楽なんですけど、家のキーボードまでこれで揃える気にはなれないですね。感触が軽すぎて、これに慣れてしまうのがちょっと怖いです。小指なんて、半分押したところで反応する感じですし。

Peggyの方は、取りあえず今使っているグローバル補完のスクリプトを、候補が2~10個ならポップアップメニューを出すようにして、ついでに数字でも選べるように改造してみました。なかなか良さげです。やっぱり一覧性は大事ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »