« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

アリアンロッドクラス考察:アコライト編

かなり間が空いてしまいましたが、クラス考察アコライト編です。ウォーリア編はこちら

◆アコライト・アコライト
同じクラスの組み合わせは基本的に報われない、とウォーリア編の時に書いたのですが、アコライト・アコライトに関しては、その例外と言えるかもしれません。初期作成キャラクターで冒険する時はもちろん、5レベル程度まで育てるにしても、この組み合わせは十分アリです。
理由の一つは、アコライトのスキルがもともと非常に充実していること。例えば、何も考えずにプロテクションとホーリーウェポンを5レベルまで育てるだけでも、十分強力です。上級ルールでもさらに数多くのスキルが追加されたこともあり、取るスキルに困るということは殆どあり得ません。
もう一つの理由は、自動習得スキルであるヒールが、MPのある限り繰り返し使うことの出来るスキルであること。例えばボルテクスアタックは一回しか使えないので、クラスを重ねるメリットが限られていますが、ヒールは使う回数だけ+1Lvの恩恵を受けることが出来ます。
フレーバー的にも単純明快で分かりやすいですし、本当にアリアリの組み合わせだと思います。

◆アコライト・ウォーリア
ウォーリア・アコライトとの違いは装備の制限とクラスチェンジの効果ということになりますが、同じ殴り系アコを目指すなら、アコライト・モンクの方が何かと有利です。どちらかというと、ボルテクスアタックの攻撃力が欲しい、という人向けですね。

◆アコライト・メイジ
マジックブラスト。アコライト・メイジの強みは、これに尽きます。メイジのスキルとの組み合わせも非常に強力なマジックブラストですが、ヒールやインヴォーク、ホーリーウェポンとの組み合わせは、パーティの力を爆発的に引き上げます。
メイジの攻撃魔法を育てるには非常にスキル枠を使うため、攻撃と防御を兼ねるのは難しいかもしれませんが、バッドステータス時のファンブルの心配を少なくしてくれるコンセントレーション、各種エンチャントウェポン、フライトなど、メイジはサポートにも優れたクラスです。
プリーストを目指すアコライトにとって、メイジは必ず通るべき道と言えるのかもしれません。

◆アコライト・シーフ
イメージ的にちょっと謎な組み合わせですが、同じサポート系だけあって、相性はそれほど悪くありません。例えばバタフライダンスを習得しているだけで、アコライトが狙われたときの生存率はぐっと高まります。パーティの人数が少ないときなどは、アリな組み合わせではないでしょうか。

◆アコライト・サムライ
攻撃的なサムライと、防御的なアコライトの組み合わせは...決して合わないわけではないのですが、相乗効果を生むこともあまりなさそうです。
ただ、アコライト・モンクを極める上では、レイジが最強のマイナースキルになりますので、経由地としては非常に合理的な選択です。

◆アコライト・モンク
いわゆる「殴りアコ」の本命。明らかに制作側の意図を感じる組み合わせです。その強みは、アコライトにも必要な精神値が、モンクの攻撃力にも生かされること。また、インテンションによって死ににくくなること。(一般的に、戦闘不能になって一番困るのはアコライトです。)強力なスキルであるインデュアが使えること。(重圧などでプロテクションを封じられるのを防ぐことができます。)
人数が少なく、アコライトが危険に晒されやすいパーティでは、アコライト・モンクは非常に有力な選択です。
ただし、モンクは最もMP食いなクラスでもありますので、ここには少し注意が必要かもしれません。

◆アコライト・サモナー
サモナーの膨大なMPは、MP切れが絶対に許されないアコライトにとって大きな魅力です。もちろん相性が悪いわけはない組み合わせなのですが、この二つのクラスは二人に分けた方がベターだと思います。なぜかというと、二人に分けることによって、一回の攻撃にプロテクションとアラクネの両方を使用することができるからです。もちろん、パーティ内に二人サモナーがいてもいいんですけどね。

◆アコライト・レンジャー
アコライトが射撃攻撃を使用できると、自分の行動順にすることがないという事態を減らすことができます。レンジャーは他の射撃系クラスと比べると、射程が長く、ブルズアイで一撃必殺を狙えるところが魅力ですね。

◆アコライト・バード
バードのスキルは精神での対決となりますので、同じく精神が重要なアコライトとの組み合わせは優れていると言えます。無駄になるスキルはほとんどなく、パーティの力を確実に底上げすることができるでしょう。

◆アコライト・アルケミスト
アルケミストには多くの側面がありますが、銃を使えば敵の攻撃に晒されることなく攻撃できますし、ポーションを使えば、MPも回復できるようになり、回復役としての有用性が高まります。しかも、それぞれイメージ的にもハマるのがいいですね。

◆アコライト・ガンスリンガー
レンジャー、アルケミストと同じ射撃系となりますが、射程が短いというのは(特にスクエア戦闘では)問題になりやすいと思います。エンゲージ状態でも攻撃できるというのがガンスリンガーの魅力なのですが、それに対して白兵攻撃に対する防御策は全くと言ってよいほどなく、味方が壁になってくれないと相当怖い思いをするでしょう。
ただ、ガンパードによってMPを消費せずに強力な攻撃ができること、フェイドアウェイによってマイナーで距離を取れることはアコライトの役割とかみ合っていますので、有効な組み合わせではあります。

◆アコライト・セージ
エフィシエントが非常に有用です。プロテクションの効果を増すことができるのは、上級クラスを除けばこれだけですから。エンサイクロペディア、ウィークポイントなど、サポート系のスキルも充実していますし、有効な組み合わせです。
プリーストを目指すのであれば、メイジと共に経由すべきクラスです。

◆アコライト・ニンジャ
魔術系のスキルはたくさんありますが、ニンジャのスキルは攻撃にしか影響しないため、アコライトと組み合わせる意義は薄いと思います。

◆アコライト・ダンサー
ダンサーのサポートスキルは自分自身を強化するものが多く、サポートをメインに行うのであれば、アコライト・バードの方が良いのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イーエスブックス

今まで本を買うのには、もっぱらAmazonだったのですが、最近家に戻るのが遅くて、受け取れないことが多いんですよね。
というわけで、近くのセブンイレブンで代引き+受け取りできる、イーエスブックスを試してみることにしました。買ったのは、村上春樹の新作アフターダークです。
うおー、早く読みたいー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sphynx is moving!

セコムのCMで、スフィンクスが動き出すっていうのがあるんですが、なんか味があって面白いです。
っていうか、このCMで一番面白いのは、スフィンクスが動くのを見て、女性が「だって、ピラミッドを守らなくていいの?」と心配するセリフだと思うんですが。
この状況で、普通そんな心配しないですよね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Peggy 4.22

我らが最強プログラミングエディタ・Peggyが4.22にバージョンアップしました。
今回の目玉は、何と言っても検索強調表示機能ですね。これは、検索された文字をアンダーラインで強調してくれるという機能です。僕が前から使っているEmEditorというソフトにはあって、凄く便利だと思っていた機能なので、とても嬉しいです。

Peggyの素晴らしい点は、こういう内部機能もスクリプトで操作できること。僕が作成したgrepthis.ms(MocaScriptライブラリの67番に登録されています)でも早速使ってみましたので、試して頂けると嬉しいです。

あと、フォーカスが当たっている場所をスクリプトから取得できるようになったのも大きいですよ。企業で作っているソフトなのに、掲示板での要望に柔軟に答えてくれるこの開発体制こそが、Peggyの魅力なんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢人の教え

適切な名前を選ぶことができるということは、ある意味その問題を十分に把握しているといえます。逆に名前が決まらないとか悩んでしまうということは、多くの場合、まだ何か問題が残っていたり、設計が間違っていることを示しているものです。また、適切な名前は、使い方の直感的なイメージにつながるので、使いやすさに直結します。不適切な名前が付いているものは、クラスだろうがメソッドだろうがなんだろうが非常に使いにくいものです。

――まつもとゆきひろ, 『オブジェクト指向スクリプト言語Ruby』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »