« ハリポタ | トップページ | アリアンロッドクラス考察:シーフ編 »

アリアンロッドクラス考察:メイジ編

またずいぶん間が開いてしまいましたが、クラス考察メイジ編です。

以前はどうしても白兵戦系クラスに火力で及ばなかったメイジですが、上級ルールブックにおけるスキル追加で一気に強化されました。パッシブでダメージが上がる称号系のスキルとエキスパートによって、場合によってはウォーリア・サムライさえ凌ぐ火力を手に入れたのです。
しかし、追加スキルによって強化されたということは、必然的にスキル枠を食うことも意味します。本気で火力系を目指すのであれば、あまりスキル枠を取らないクラスと相性が良いと言えるでしょう。

◆メイジ・メイジ
自動習得スキルが複数回使えるアコライト・アコライトとは違って、メイジを重ねるのはどうしても不利になりがちです。もちろん、例えばシーフ・シーフとは違って取るスキルには全く困りませんので、使えなくて困るということはないでしょう。ただ、長い目で見るとサモナー、セージ、バード等と組み合わせた方が無難ですね。

◆メイジ・ウォーリア
メイジの魔法攻撃とウォーリアの白兵攻撃は全くと言ってよいほどかみ合いませんので、どうしても器用貧乏になりがちです。もちろん、アイアンクラッドやオートカードなどの防御系のスキルを取れば、メイジの弱点である防御の薄さを補うことはできるのですが。ただ、その目的においてはモンクの方が妥当であると考えられます。

◆メイジ・アコライト
アコライトのサポートとしてのメイジは優秀ですが、メイジのサポートとしてアコライトを考えた場合、メイジをサポートしてくれるスキルは少ないと言えます。もちろんアコライトのスキルそのものは非常に優秀ですし、パーティにアコライトが複数人いても全く困りませんので、アリな組み合わせではあるでしょう。インヴォークのような、スキル枠を取らなくても強力なスキルもありますしね。

◆メイジ・シーフ
シーフはスキル枠を比較的取らないクラスですので、メイジと組み合わせるのはアリだと思います。メイジはなぜか感知も上がりますし。ただ、組み合わせて意味のあるスキルは少ないため、強力なキャラクターに育てるのは難しいかと思います。

◆メイジ・サムライ
全ての組み合わせの中でも、これはさすがにないだろうと思われるものの一つです。前線に出れば防御が薄すぎ、後方ではサムライのスキルが全く役立ちません。よほどやりたいキャラクターイメージがあるのなら別ですが...。

◆メイジ・モンク
打たれ弱いメイジという弱点を、確実に埋めてくれるのがモンクです。ぶっちゃけていうと、自動習得であるインテンションの他はインデュアくらいしか取らなくてもよいでしょう。もちろん、格闘系のスキルを取ってリウイを目指すのもアリですね。

◆メイジ・サモナー
メイジはMPがないと何もできないクラスですので、サモナーは非常に魅力的なクラスです。能力も噛み合っていますし、お勧めではあるのですが、実はメイジのスキルとサモナーのスキルは違う方向を向いていて、メイジのスキルが強化されるということはあまりありません。サモナーの攻撃魔法には限界が出てきますので、長い目で見るなら攻撃系はメイジのスキルを伸ばし、ガーディアンとアラクネを取っていくのがお勧めです。

◆メイジ・レンジャー
メイジとレンジャー、アルケミスト、ガンスリンガーとの関係は、アコライト編のそれと非常によく似ています。レンジャーの強みは長い射程とブルズアイの攻撃力ですね。

◆メイジ・バード
5~6レベル程度までであれば、メイジ・バードは全ての組み合わせの中でも最右翼です。能力値はきちんと噛み合っていますし、ジョイフル、カノン、ファイトソングなど、スキル枠を取らなくても強力なスキルが揃っているからです。ディスコードも無駄になることがほとんどないですね。
あくまでメイジをメインにしたいならば、バードは理想的なサポートクラスと言えるでしょう。

◆メイジ・アルケミスト
回復が素で出来るアコライトよりも、メイジとの組み合わせの方がポーション系スキルを生かしやすいと思います。射程が長い銃は、メイジの補助武器としても向いていますし、イメージ的にもはまっている、良い組み合わせですね。

◆メイジ・ガンスリンガー
メイジとガンスリンガーの組み合わせは、他と比べるとどうもお勧めできません。射程が短い上に防御系のスキルが少ないことがまず一つ。有用なスキルであるスペルブレッドが、結果的にあまり生きないこともあります。(素直に魔法を使った方がよい。)また、ガンスリンガーであることを生かすためにスキル枠が必要なんですね。

◆メイジ・セージ
クラス紹介にもある通り、非常に有用な組み合わせです。知力が非常に重要なメイジは、強力なウィークポイントの使い手にもなります。アトリビュート、エフィシェントといった強力なパッシブスキルもありますし、エンサイクロペディアを使えば、開始ターンに相手の属性に合わせたウェポン系スキルを全員にかける、という芸当だって可能です。
ただ、パッシブスキルは特にスキル枠を使いがちですので、メイジ・セージが真価を発揮するのはある程度レベルが上がってからになるでしょう。

◆メイジ・ニンジャ
「メイジのサポートスキルとして」と銘打っているニンジャですが、スキル構成がメイジとかぶりすぎていて、それほどメイジ自体を強化してくれるわけではなさそうです。特にイメージにこだわりがなければ、サモナーかバードかセージを選んだ方が無難ですね。

◆メイジ・ダンサー
全てのスキルが噛み合うわけではありませんが、それでも非常に有用な組み合わせです。各種ステップによって必要な能力を上げることが出来ますし、MPが不足しがちなメイジにとってミステリアスダンスは魅力的です。何よりダンシングヒーローの有用さが素晴らしい。スキル枠を食ってしまうのは難点ですが、その分伸びしろも大きい組み合わせだと思います。

|

« ハリポタ | トップページ | アリアンロッドクラス考察:シーフ編 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは、はじめまして。

 メイジ・ニンジャは、同一属性で2種の魔法が使えるようになりますので、属性強化のスキルを上げるだけで2種類の呪文の威力が上がります。
 地属性ならマヒと転倒。炎属性ならダメージと放心など。

 メイジ自体を強化するか……というと、確かにイマイチかもしれませんが……。

投稿: ディス | 2004.09.14 14:30

コメントありがとうございます。確かにそれには気づきませんでした。多才さを重視するなら、その選択もありますね。
個人的には、ニンジャは最も不遇なクラスの一つではないかと思っています。ブロウアップ+生命の呪符+レイジの組み合わせは強力ですけどね。

投稿: ashel | 2004.09.15 00:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリアンロッドクラス考察:メイジ編:

« ハリポタ | トップページ | アリアンロッドクラス考察:シーフ編 »