« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »

dynabook SS LX

dynabook SS LX

うーん、東芝はいいマシンを作りますね。露出はどうしても少ないけど...。ギガビットイーサとか、ビデオチップとか、今のところこれ以上望みようのないスペックです。このスペックだと、バッテリはしょうがないかなあ...。
SONYのVAIO typeSもいいんだけど、ソフトがちょっとなあ。東芝のマシンはあんまりごちゃごちゃソフトが付いてなくて好きです。
そろそろノートパソコンが欲しいなあと思ってたんだけど、あとはLet'sNoteYの新モデル待ちですね。春モデルが出てこないという可能性もあるんですが(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハウルのこと

電気林檎出張所: ハウル見ました。

ozumaさんがハウルについて書いておりましたが、僕も同じような印象を持ちました。キャラや設定は面白いんだけど、ストーリーに唐突な部分が多すぎる気がします。
しかし、「ナウシカを100点として40点」という評価はメチャメチャ褒めてるんじゃないでしょうか。昔と違ってジブリは、映画のブランドとして最高レベルまで行ってるし、それだけのものが作れれば、このくらいの興行成績を上げることは十分可能という気がします。

以下ネタバレですが。

個人的には、ハウルがナイスキャラだなーと思いました。かっこいいし、少し破綻気味の性格も非常に魔法使いっぽいです。TRPGでも、こういう感じの魔法使いロールプレイが流行るかもしれませんね。
GMは苦労しそうですけど(^^;

「戦争を止める」云々に関しては、確かに唐突でしたね。個人的には、案山子の王子様とお師匠様が、その場で「戦争を止めさせよう」と合意するような展開が、どんでん返しっぽくてよかったんじゃないかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP-33S買いました

久しぶりに更新してみます。

会社でプログラミングをしていると、結構関数電卓を使う機会があります。特に2進・10進・16進数変換ですね。ウィンドウズ標準の電卓も非常に良くできているソフトなのですが、やっぱり手元で計算できた方が便利ですので。

今まで学生の頃に使っていた関数電卓をそのまま使っていたのですが、有名なHPの関数電卓が日本でも手にはいることを偶然知って、使ってみようと思い立ちました。通販サイトならここらへんですね。

expansys
Vis-a-Vis

パソコンとUSB接続して使える、化け物のような電卓もあるのですが、今回買ったのはHP33s。HPの電卓のラインではミドルクラスといったところです。

届いてまずびっくりしたのが、説明書の分厚さ。事前にPDFバージョンの説明書を見てたから想像はしていたけど、まさかこんなとは...。

HP電卓というとRPN(逆ポーランド演算)、というのは一般的認識という気がしますが、HP33sはALGモードという普通の電卓と同じ操作方法も用意されています。ただ説明書を読んだ限りでは、RPNモードを習得しない限りは機能の半分くらいしか使えないようですね。プログラミングもRPN前提ですし。徐々に憶えていくつもりです。

問題点としては、他のサイトでも言われているのですが、コンマとポイントの区別がちょっとつきにくいです。
持ちやすさやキータッチについてはおおむね満足。サイドにゴムが張ってあるのが嬉しいですね。
明日から早速、会社で使ってみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »