« NTTデータの全社員11,835人分の個人情報、USBメモリを電車で紛失 | トップページ | 5月の携帯・PHS契約数、ウィルコムが2カ月連続の6万人増 »

ハリー・ポッターの面白さ

ハリー・ポッター新作、厳戒態勢で製本

セキュリティー繋がりじゃないけど、ここまでやるのも凄いですね。
前に酷いこと書いたりもしたんですが、僕はハリー・ポッターシリーズはとても面白いと思います。

他にはないハリー・ポッターシリーズの魅力は、何と言っても生活の中に生きる魔法が描かれていることです。日本のゲームやマンガや小説では、魔法はほとんど戦いの中でしか使われないけど、ハリー・ポッターシリーズでは魔法で掃除をしたり、魔法で料理したりします。

科学が戦争の道具ではないのと同じように(そういう一面があることも否定できないけど)、魔法だって戦いのためあるのではないはずです。ハリー・ポッターでの魔法の使われ方は、ほんとにイマジネーション豊かで面白いですね。

さらに無責任な分析をするならば、現代社会には(特に子供にとっては)それこそ魔法のような、ワケの分からない技術が溢れていて、ハリー・ポッターシリーズはそういったものを、「何か不思議なもの」である魔法という言葉で追認しているのではないか…と言うこともできると思います。それが良いことかはわからないですけどね。

ハリー・ポッターシリーズは不思議なくらい日本語訳に時間がかかるのが、何とももどかしいのですが…地道に待とうと思います。

|

« NTTデータの全社員11,835人分の個人情報、USBメモリを電車で紛失 | トップページ | 5月の携帯・PHS契約数、ウィルコムが2カ月連続の6万人増 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/4269060

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターの面白さ:

« NTTデータの全社員11,835人分の個人情報、USBメモリを電車で紛失 | トップページ | 5月の携帯・PHS契約数、ウィルコムが2カ月連続の6万人増 »