« MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言 | トップページ | Musical Baton »

64bit環境で試すコンパイラ - アセンブルコードに見るその実力

【特集】64bit環境で試すコンパイラ - アセンブルコードに見るその実力(MYCOM PC WEB)

MYCOM PC WEBは時々、とてもフリーとは思えないクオリティの解説記事を載せるので侮れない。この特集はついに対応OSも発売された、x86の64bit拡張であるEM64Tについての記事なんだけど、結論としては、

・EM64Tは使える汎用レジスタが増えたぶん速いYo!
・Intel C++コンパイラは優秀だYo!

ということになる。もちろん64bitの演算をたくさんするプログラムはもっと速くなるんだろうけど、正直あんまり考えつかないですよね。
汎用レジスタが増えたとは言っても、元々の8本というのが少なすぎただけという説もある。ARMだって16本あるんですよ。アセンブラレベルだと、x86は生きた化石みたいなものです。
レジスタが増えると最適化の幅が広がるので、アセンブラ屋さんは腕の見せ所ですね。
ちなみにMacOS Xは既にEM64Tで動いてるんじゃないか?という解説記事も。

|

« MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言 | トップページ | Musical Baton »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/4574325

この記事へのトラックバック一覧です: 64bit環境で試すコンパイラ - アセンブルコードに見るその実力:

« MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言 | トップページ | Musical Baton »