« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

使用ソフトメモ@2005

使っているソフトって、そんなに変わらないものですね。

ネット関連

Sleipnir2 - タブブラウザ
Headline-Reader(¥1,500) - RSSリーダー
JaneDoeView - 巡回機能付きの2chブラウザ
Irvine - ファイルダウンローダ
FFFTP - FTP転送
秀丸メール(¥2,100) - メーラー

ツール

B2 Husen - 常駐しないデスクトップ付箋ソフト
TeleV - テレビ番組表閲覧ソフト
Ad-Aware SE - スパイウェア駆除
サーチクロス(¥2,100) - インデックス型検索
Lhaplus - 圧縮・解凍ソフト
caldix - 統合アーカイバDLLをインストールしてくれる
H”問屋 - PHSの住所録管理+バックアップ
CD Manipulator - CD-Rライティングソフト(配布ページがない)
CraftLaunch - ファイラ兼コマンド型ランチャ
PDIC(¥1,000) - ローカルで英次郎をブラウズ
hyCalendar - カレンダー+スケジュールソフト
PrimoPDF - PDFファイル作成ソフト

カスタマイズ

窓の手 - Windowsカスタマイズソフト
Tweak UI - MicroSoft製カスタマイズソフト
秀Caps - IME起動キーなどをカスタマイズ
Adobe Reader SpeedUp - Adobe Readerの起動を高速化
eve - 環境変数編集ソフト
デーモンバスター - 不要なサービスを停止

エディタ

紙copi(¥2,625) - Webページスクラップ・メモソフト
EmEditor(¥4,200) - 軽快で強力なエディタ
Peggy Pro(¥4,500) - プロジェクト型統合エディタ
BZ - バイナリエディタ

メディア

GV - 軽量な画像表示ソフト
Vix - 画像ブラウズ
Media Player Classic - 軽量版Media Player
Winamp - ファイル再生ソフト
SuperTagEditor - 音楽ファイルIDタグ編集ソフト
TMIDI Player - MIDIファイル再生ソフト
mp3infp - シェルのIDタグ表示・編集機能を拡張
susie - 画像ブラウズ(プラグインが重要)

プログラミング

J2SE - JAVA開発環境
Ruby - オブジェクト指向スクリプト言語
Cygwin - UNIXツール一式
Doxygen - ドキュメント生成ツール
ヘルプましん - HTMLヘルプ作成ツール
Subversion - CVSの後継バージョン管理システム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲームショウ2005

REVOLUTION(仮称)のコントローラを初公開!

立場上あまり意見は言えないのですが、僕はこのコントローラーはテレビがポインティングデバイスを手に入れたという意味でエポックメイキングだと思いました。マウスはリビングに相応しいデバイスではないですよね。
もしかしたら、次世代のテレビリモコンは全部この機能を持っていてもおかしくないんじゃないかと思うくらい、汎用的な機能だと思います。どちらかというと、大画面のテレビで生きるデバイスかな。
ただ、ポインティングデバイスじゃなくてゲームにどう使っていくのかはほとんど白紙ですね。ほんとどうするんだろう(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コミックバトン

tadawoさんからコミックバトンが回ってきていたのをほっぽり出してました…。どうもすいませんです。

1 Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
好きなマンガは多いんだけど、全部買うと本棚が埋まってしまうので、大半はマンガ喫茶に外部化してます。
家にあるのは50冊くらい。

2 Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
・魔法先生ネギま!
今面白いマンガと言われたら、迷わずこれを挙げます。10巻のせっちゃんはマジヤバス。
・PLUTO
ハードなストーリーと萌え(特にアトム)が同居する素晴らしいマンガ。
・NARUTO
第二部に入ってまた一気に面白くなりましたね。
・エマ
これは外せないですねえ。作者のサービス精神が素晴らしい。
・ピアノの森
復活したときは小躍りしました。一日一回くらい描いて欲しいです。

3 The last comic I bought(最後に買った漫画)
エマの6巻ですね。今回は今までと比べるとちょっとイマイチだったかな。次巻に期待です。

4 Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
・ダイの大冒険
僕にとってのジャンプマンガの代表は、ドラゴンボールではなくてこれです。後半の展開には賛否両論あるけど、僕は全部好きですね。ベストバウトはポップ対シグマ戦。
・美味しんぼ
暗記するくらい読みました。僕の食べ物に関する知識は半分くらいここから来てるんじゃないかな。例えばカレーのスパイスにどんなのがあるかなんて、これを読んでなかったら一生知る機会がなかったと思う。
・エリア88
僕のミリタリーオタとしての素養はほとんどこのマンガから来てますね。
・火の鳥
中学校の僕にとっては、初めて接するSFだったんじゃないかなあと思います。
・G戦場ヘブンズドア
マンガの面白さを再確認させてくれたマンガです。これを読まないのは罪です。

今回もバトンを渡すのは勘弁ということで。ミュージックバトンよりずっと書きやすかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

在外邦人の選挙権制限は違憲・最高裁判決

在外邦人の選挙権制限は違憲・最高裁判決

衆議院選挙の結果はかなり劇的だったけど、どちらかというと気になったのはこのニュース。なんとも元気付けられますよね。
日本には憲法というものがあって、憲法に違反する法律は作ることができない…というのは、知識として知ってはいても、こういう風に実感するのは初めてではないでしょうか。三権分立がきちんと機能していることを確認できたのも嬉しいです。

この判決によって、立法府は遅くとも次の国政選挙(たぶん次の参議院選挙)までに対応を行うことを迫られたわけですが、次は、実際に在外邦人の方々にどのように選挙の情報を伝えるのか、というのが難しい問題として浮上してきます。
これを解決するには、おそらく今回の選挙でも話題になった、ネットでの選挙活動を可能にすることが鍵になってくると思います。たぶん、公職選挙法が改正されるときに、一緒に議論されるんじゃないかな。

ということで、ここで一案。
「ネットでの選挙活動を解禁する」のではなく、「ネットでの選挙活動を義務づける」ようにすればいいんではないでしょうか。具体的には、立候補する人は必ずネット上にXML形式の情報(名前、性別、経歴、政策とか…)をアップロードしておくようにする。選挙管理委員会は、スキーマとCSSを用意して、それが一定の見え方で見られるようにする。海外のネット環境が整備されていない場所では、在外公館がそれを印刷用のフォーマットで印刷して郵送する。
XMLをきちんと書くのは難しいと思うので、Webフォームで記入すれば指定形式のXMLを吐いてくれるサイトを用意したらいいですね。
多分、システムとしては全然難しくないと思います。慣れた人ならトータル一週間くらいで実装できるんじゃないかな。

こういうのを義務化すれば、いろんな候補の政策を比較したりするのも簡単になると思います。フォーマットを決めるのがかなり骨が折れる作業になりそうだけど、是非やっていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod nano買っちゃいました

気付けば一ヶ月半くらい更新していませんでした。この一ヶ月くらい、本当に忙しかった。担当してた仕事が3つあったんだけど、みんな一気に佳境に入ってしまって…こういうのにも慣れないといけないですねえ。

というわけで、iPod nanoを買ってみました。もう既に容量も同じCreativeのMuVo2を持ってるので、これはいわゆる脊髄反射というやつですね。前からiPod+iTunesを体験してみたかったというのもあるのですが。

で、届いてから使ってみて思ったのは、iPodも凄いけど、やっぱりiTunesは凄いということです。プレイヤーとパソコン側が自動的に同期するというのが、使っていてこんなに心地良いものだということが、初めてわかりました。パソコン→プレイヤーに同期するのは当然としても、プレイヤー→パソコンに同期することが非常に大事なのです。自分がどんなときにどんな曲を聴いたかが記録されることによって、自分に最適なライブラリができていくのが素晴らしいです。
iPod側で曲にランクを付けられたり、プレイリストを作ることができるのもその流れですね。

同時に、たくさんの音楽をブラウズするためにはクリックホイールのようなデバイスが必要なのだということも理解できました。ボタンの集合体とは明らかに異なる操作感覚です。これが携帯電話に付いたらいいだろうな。

あと、自分のライブラリに曲のアートワークや歌詞を入れられるのも良いですね。アートワークはアマゾンからドラッグアンドドロップすれば済むのですが、歌詞を入れるのはなかなか大変です。でも、これがプレイヤーと完全に同期して、曲と一緒に見られるのを考えると、つい全部やりたくなってしまいます(^^;

共通して言えるのは、iPodとiTunesは単に音楽を聴くだけではなくて、「自分のライブラリを育てる」楽しさに溢れているということです。音楽好きのひとたちにiPodが支持されている理由がわかった気がしました。

もちろん、iPod nano自体も良いものなのでしょうが…僕はiPod初体験なので、どうしてもiPodのコンセプト自体の印象が大きくなってしまいます。そう言う意味では、ありがたみをあんまり理解できていないかもしれません(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »