« Amazonのウィッシュリストを取ってくるCGI | トップページ | Rubyレシピブック 268の技 »

Amazonのウィッシュリストを取ってくるRuby CGI 再び

以前作ったCGIなんですが、せっかくですのでクエリー文字列でウィッシュリストID等を指定できるようにしてみました。

http://koa.la.coocan.jp/amazon/wishlist.rb

ソースZIPで固めたもの。ソースが倍くらいに増えてしまいましたねえ。

以下、ソースコメントからの転載です。

Amazonのウィッシュリストを取ってきて、携帯等で見やすいように表示するCGIです。 クエリー文字列でウィッシュリストID、フィルター、ソート順を指定することができます。 クエリー文字列で指定されなかった場合は、デフォルトの動作を行います。

-- wid
ウィッシュリストIDを指定します。デフォルトは作者のリストです(^^;

-- filter
0: 全ての種類を表示します。デフォルトの動作です。
1: 本のみを表示します。
2: CDのみを表示します。
3: エレクトロニクス製品のみを表示します。

-- sort
0: ウィッシュリストに後で追加されたものから順に表示します。デフォルトの動作です。
1: 値段が安い順に表示します。
2: 値段が高い順に表示します。
3: ウィッシュリストの情報を変更したのが新しい順に表示します。
4: 優先度が高い順に表示します。

例えば、ウィッシュリストIDが 21GWIDYP4FL8E で、値段が安い順に全て表示するときは、以下のようにします。

[URL]?wid=21GWIDYP4FL8E&sort=1

例をこのURLでやると、

http://koa.la.coocan.jp/amazon/wishlist.rb?wid=21GWIDYP4FL8E&sort=1

ですね。
ついでに、タイトルが本の場合は黄色、CDはピンク、エレクトロニクス製品は水色にしてあります。

|

« Amazonのウィッシュリストを取ってくるCGI | トップページ | Rubyレシピブック 268の技 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/9889231

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonのウィッシュリストを取ってくるRuby CGI 再び:

« Amazonのウィッシュリストを取ってくるCGI | トップページ | Rubyレシピブック 268の技 »