« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

SQLite入門 すぐに使える軽快・軽量データベース・エンジン

SQLite入門 すぐに使える軽快・軽量データベース・エンジン
SQLite入門 すぐに使える軽快・軽量データベース・エンジン

日本語で読めるSQLite本はまだ非常に少ないのですが、これはとてもわかりやすかったです。
SQLiteはサーバーを必要としない、ファイルベースのデータベースシステムで、Webアプリケーションだけではなくアプリケーション組み込みにも使われています。なんでもfirefox2のブックマーク管理に使われるらしい。

SQLiteみたいなのが出てくると、言語レベルでデータベースをサポートしてしまってもいいんじゃないかという気がしますね。どういう形になるのかは、具体的にはわからないですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LaCoocanでMySQLが使用可能に

MySQLの提供を開始いたしました!

データベースがSQLiteしか使えなかったLaCoocanなのですが、どうやらMySQLも使用できるようになったみたいです。やっぱりユーザーからの要望が多かったんでしょうね。

自分で何か作るときは、クライアントで動かすときの手軽さもあって、SQLiteにしようと思っていたのですが、選択肢があるにこしたことはないです。
それにしても、phpMyAdminは会社でも使ってるんですが、非常に便利ですよねえ。MySQLが便利っていうより、これが便利な気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコハマ買い出し紀行 14

ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)
ヨコハマ買い出し紀行 14 (14)

多くのファンを魅了してきたヨコハマ買い出し紀行も、ついにグランド・フィナーレです。
最後まですごく丁寧な作品でしたね。この巻は、半分くらいがエンディングというかんじです。

ヨコハマ買い出し紀行の面白い点はたくさんあると思うのですが、僕がすごく好きなのは、その世界観です。

この数年で世の中も随分変わったわ
時代の黄昏が、こんなにゆったりのんびりと来るものだったなんて
私は多分この黄昏の世をずっと見ていくんだと思う
-ヨコハマ買い出し紀行 1
ヨコハマ買い出し紀行の世界は、終わりつつある世界です。海水面は年々上昇し、出生率は下がり、アルファさんたちロボットを生み出した技術は(たぶん)失われてしまった。

そんな世の中でも、人々の暮らしは続いていくし、いつまでも年を取ることのないアルファさんは、時に悲しい思いを抱きながらも、そんな人々をいつまでも見つめつづけます。

最近最終兵器彼女を読んだんだけど、あの話の後にはこんな時代が来て、シュウジとちせが幸せに暮らせたらいいのになあ…と思ってしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Elite Beat Agents

Elite Beat Agents

ちょwwwwwwww
その方向性はなかったわwwwwwww

関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

fxri - Instant Ruby Enlightenment

Fxri会社の先輩に教えてもらったのですが、One-Click Ruby Installer(Windows環境にRubyを簡単にインストールするセットアッププログラム)には、fxriというGUIプログラムがついてきます。これはRubyの検索機能付きマニュアルにirb(Rubyのインタラクティブな実行環境)のコンソールがついているというもので、Rubyの勉強をしたり、ちょっと動作を試すにはうってつけです。
あと、One-Click Ruby InstallerにはProgramming RubyのHTML Help版もついてきます。検索がしやすくなってますし、この二つのためだけでもOne-Click Ruby Installerをインストールする価値がありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ruby 占い

最近見つけたんですが、Ruby占いというサイトがあるんですね。

早速試してみたら、僕はIO#readlinesとのこと。ちょっと微妙だなあ…。Enumerable#injectとかだったらかっこいいですねえ。

ちなみに僕がRubyで一番好きなメソッドは、Integer#timesです。一番最初に

10.times { puts "hoge!" }

っていうコードを目にしたときは、凄い言語だなあと思いました。数値にメソッドがあることも驚いたんですが、コードがそのまま「10回"hoge!"と表示しろ」と読めるのも凄いと思ったのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Rubyレシピブック 268の技

Rubyレシピブック 268の技
Rubyレシピブック 268の技

せっかくAmazonのアソシエイトIDを取ったので、最近良かった本を紹介してみます。
「Rubyレシピブック 268の技」は、Perlなどでよくある「クックブック」と呼ばれる形式の本で、その言語で何かをするときのイディオムをたくさん紹介してくれます。
例えば、「カレントディレクトリ以下の全てのディレクトリにある、Rubyのソースファイルのリストを取得したい」というような場合はどうするか?
この本を読んでいれば、

Dir.glob("**/*.rb")

でいけるな、というのがすぐわかるわけです。

プログラミングRubyとかも良い本ではあるけど、オブジェクト指向やスクリプト言語に既に親しんでいる人なら、先にこういう本を読む方がいいんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazonのウィッシュリストを取ってくるRuby CGI 再び

以前作ったCGIなんですが、せっかくですのでクエリー文字列でウィッシュリストID等を指定できるようにしてみました。

http://koa.la.coocan.jp/amazon/wishlist.rb

ソースZIPで固めたもの。ソースが倍くらいに増えてしまいましたねえ。

以下、ソースコメントからの転載です。

Amazonのウィッシュリストを取ってきて、携帯等で見やすいように表示するCGIです。 クエリー文字列でウィッシュリストID、フィルター、ソート順を指定することができます。 クエリー文字列で指定されなかった場合は、デフォルトの動作を行います。

-- wid
ウィッシュリストIDを指定します。デフォルトは作者のリストです(^^;

-- filter
0: 全ての種類を表示します。デフォルトの動作です。
1: 本のみを表示します。
2: CDのみを表示します。
3: エレクトロニクス製品のみを表示します。

-- sort
0: ウィッシュリストに後で追加されたものから順に表示します。デフォルトの動作です。
1: 値段が安い順に表示します。
2: 値段が高い順に表示します。
3: ウィッシュリストの情報を変更したのが新しい順に表示します。
4: 優先度が高い順に表示します。

例えば、ウィッシュリストIDが 21GWIDYP4FL8E で、値段が安い順に全て表示するときは、以下のようにします。

[URL]?wid=21GWIDYP4FL8E&sort=1

例をこのURLでやると、

http://koa.la.coocan.jp/amazon/wishlist.rb?wid=21GWIDYP4FL8E&sort=1

ですね。
ついでに、タイトルが本の場合は黄色、CDはピンク、エレクトロニクス製品は水色にしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »