« 使用ソフトメモ@2006 | トップページ | Peggyでインクリメンタルサーチスクリプトを投稿しました »

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

発売日に買ったんですが、忙しくて全然読めてなかったハリーポッター第六巻。東京の方へ行く用事があったので、その行き帰りの新幹線で読むことができました。長編を読むなら、やっぱり新幹線ですね。二時間ちょっとという時間がちょうど良いのです。

まず一言で言うと、この巻はとても面白かったです。読み始めたらもう止まらない、という感じですね。第五巻であったような理不尽さが、第六巻ではあまりないのもよかったです。

ただ、多くの人が言っているように、物語はどんどん暗くなり、あまり児童書という感じではなくなっています。
だけど、思えばハリーポッター第一巻の日本語版が出たのは1999年ですから、なんと7年も経っているんですね。初めて読んだときは小学生低学年だった子も、もう中学生を卒業する頃ってことです。それを考えると、ハリーポッターの内容は、呼んでいる子供達の成長に合わせて変化していっている、ということになるんじゃないかな。
僕たちがロードス島戦記や銀河英雄伝説を読んでいた頃ってことを考えると、暗すぎる話でもないと思います。

ハリーポッターの魅力は、魔法と現代社会が奇妙にマッチした、そのユニークな世界観にあると僕は思っています。この世界観で、もっといろんな作品を読みたいですね。ローリングさんだけじゃなくて。
冒頭の、イギリス首相と魔法省大臣が話し合うくだりなんかは絶妙ですね。読んでてにやけてしまいました。

今まで迷ってばかりいたハリーも、今回の巻ではたくましく成長し、自分の為すべきことと向き合うようになっています。僕が一番びっくりしたのは、ハリーがクディッチチームのキャプテンになってることですね。いやはや、あのハリーが!ヴォルデモート云々より、こっちの方がびっくりです(^^;

というわけで、俄然第七巻が楽しみになってきました。早く書いてくれないかなー。

|

« 使用ソフトメモ@2006 | トップページ | Peggyでインクリメンタルサーチスクリプトを投稿しました »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして.
 私も「ハリーポッター」シリーズは好きで, 1巻から最新刊を除いて読みました. いつも「ハリーポッター」は図書館から借りて読むので, 約 1000 件の予約待ちにより読めるのは次の巻が出る直前(1ヶ月前ぐらい). 依然6巻を読むのが楽しみです.
 ハリーポッターを初めて読んだのは中学生の頃でした. その時は, 学校の図書館に平然と並んでいて, あまり騒がれていない頃でした. 読み始めると止まらなくなり, 学校で休憩時間にも読んでいた記憶があります. 図書館で借りる癖はこの頃ついたのですが, ハリーポッターの魅力も7年たった今も色褪せていない事は嬉しい限りです.

投稿: たけざお | 2006.08.06 23:56

たけざおさん、はじめまして。予約待ち大変そうですね。でも、楽しみに待つのもまた良いかもしれないですね(^^
僕が初めて読んだのは大学生のときかなあ。ファンタジー好きなので話題の作品はチェックするようにしているのですが、ハリーポッターはイマジネーションの豊かさに驚いた記憶があります。

投稿: ashel | 2006.08.07 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/11306573

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと謎のプリンス:

» can't get enough of [あなたもサクサク洋書読破!〜「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 ]
ロンの家には、ただ今客人がいます。 それも、とっても美しい女性! でもその女性は、ちょっと(どころじゃなく)協調性に問題があり、 ウィーズリーおばさんや、ギニーたちとうまくいっていません。 [続きを読む]

受信: 2006.08.25 14:43

« 使用ソフトメモ@2006 | トップページ | Peggyでインクリメンタルサーチスクリプトを投稿しました »