« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

iPod touch使ってみました

先日の投稿で不具合で使えないと書いたiPod touchなのですが、金曜日にiTunesのアップデータが出まして、やっと使えるようになりました。一通り使ってみたのでレポしたいと思います。
パッケージ等についても写真付きで書きましたので、買って驚くのを楽しみにしている方は見ない方が良いかもです。

続きを読む "iPod touch使ってみました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPod touch不具合祭り

iPod touch、今朝届きました!
早速レポするぞーと意気込んでパソコンと同期してみたのですが、同期が終了しても下の画面から変わらなくなってしまいました。

P1000358_2

リセットしてもリストアしても同じ。2chのポータブルAV板を見ても、同じ症状の人が多数。祭り状態になってます(^^;
どうやらWindowsと同期するとこの症状になるみたいですね。

アロマの戯言さんが情報をまとめてくださっています。
iTunesの不具合っぽいので、これはアップデート待ちですね。現場の人は大変だろうなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

WLI-CB-G54とパケットキャプチャ

パケットキャプチャというのは、ネットワークを流れているパケットを取得することで、ネットワーク系の技術者には必須の作業です。正しく通信が行われているかを確認するには、実際のパケットを見てみるのが一番だからです。

linuxやPC上で動くソフトなら、パケットキャプチャをするにはWiresharkを使えば簡単なのですが、組み込み機器の開発を行う際にはキャプチャソフトが組み込み機器上で動かないため、PCで組み込み機器が行っている通信を横から「盗聴する」ような形で受け取る必要があります。

ただ、特に無線LANの通信の場合、キャプチャを行うのはかなり大変です。普通、無線LANのハードウェア及びドライバは、他のマシンの通信を無視するような設定になっているためです。本来受け取る必要がないんだから当然ですよね。

僕も、なかなか難しいのかなあ…と思っていたら、偶然ネット上で「BUFFALOのWLI-CB-G54ならパケットキャプチャできる」という情報を見付けました。WLI-CB-G54というのはPCカードスロット用の無線LANクライアントで、かなり古いもののため、既に生産中止になっています。
その次のWLI-CB-G54Sという製品ではできなくなってしまったらしい。

かなり怪しげな話なんですが、価格.comで唯一掲載していたアプリコットさんで購入して試してみました。
「ドライバが最新だとうまくいかない」っていう情報もあって、大丈夫かなあと思っていたのですが、付属のエアナビゲータCD Ver.8.xxに入っていたドライバで問題なくキャプチャできました。BUFFALOは古いドライバもサイトに置いてくれてますので安心ですね。

専用の機器では、AirPcapという選択肢もあるのですが、やっぱり高いですので、こういう手頃な選択肢もあるのは良いことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPod touch

iPod touch

これは抵抗不可能www
朝の6時にポチってしまったwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »