« 漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 | トップページ | はじめてのニコニコ動画 »

実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング

実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング

著者:Chris Sanders
出版社:オライリー・ジャパン
ネットワーク開発者にとってパケット解析は、非常に重要な技術です。HTTP等の既に確立されたプロトコルを使うぶんにはそれほどでもありませんが、例えばソケットを叩いて独自のプロトコルを作成したり、サーバ開発を行ったりするときには、パケット解析を行う技術がないと「何が起こっているのか」を理解するのが非常に難しくなってしまいます。

特にPCほど開発環境が整っていない組み込み機器で開発を行うときは、通信が行えないときに、

・ハードウェアがおかしいのか?
・ネットワーク設定が間違っているのか?
・ソケットライブラリに問題があるのか?
・自分のプログラムに問題があるのか?

このような切り分けさえ難しいことがあります。パケット解析の技術は、このような状況でも大きな助けになってくれるでしょう。

ただ、今まではパケット解析ならこれを読め的な本がなくて、効率的に勉強する手段がなかなかありませんでした。この本はWiresharkというオープンソースのパケット解析ツールをターゲットにしていることもあって、本とパソコンさえれば、すぐにでも始めることができますし、内容も充実していて、「何を読めばよいか」と聞かれたときの答えになると思います。

内容としては、パケット解析とはいったいどういうことをするのかの解説から、パケット解析を行うにはどのような準備をしたらよいか、Wriresharkの使い方、トラブル解決のケーススタディと続きます。特にケースタディは20個以上もあり、どれも具体的で面白いです。中には、「pingのパケットに情報を潜り込ませていた」というようなセキュリティ問題も出てきます。こういうのはパケット解析をしないと、疑うことさえできません。

ただ、この本に書いてあるのはよく使われるプロトコルだけですので、プロトコルによっては仕様書を調べたりすることも必要だと思います。それでも、パケットを捕まえるまでの知識はきっと役に立つと思いますよ。

|

« 漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 | トップページ | はじめてのニコニコ動画 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/41226903

この記事へのトラックバック一覧です: 実践 パケット解析 ―Wiresharkを使ったトラブルシューティング:

« 漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 | トップページ | はじめてのニコニコ動画 »