« EeePC901を開封してみました | トップページ | ctagsをWin32環境でビルドする »

EeePC901の初期設定

EeePC901は、Cドライブの4GBだけだった701と比較すると、Dドライブの8GBが増えて合計12GBとなり、容量の問題はいくらか緩和されています。ただ、システムドライブであるCドライブは依然4GBのままですので、注意して使わないと容量不足に陥ってしまいます。
今回はどのように設定を行ったのかをまとめておきたいと思います。

まず、MicrosoftUpdateを全て適用しました。この時点で残り容量が1GBを切ってしまい、少しあせりましたが、途中で止まるということはありませんでした。

次に、こちらのサイトにまとめられていることを実行しました。

http://www.4gamer.net/games/046/G004621/20080121031/
http://www.4gamer.net/games/046/G004621/20080123023/

EeePC701用の記事ですが、901でも問題なく適用可能です。dllcacheの削除だけは危険そうでしたので行いませんでした。
アプリの削除に関しては、この記事に書かれているものに加えて、901ではStarSuite 8というOffice互換のアプリが入っていて、これがかなりの容量を占めています。アプリ自体はDドライブにインストールされているものの、このアプリの実行に必要なJavaがCドライブに入っていて、これがかなりのサイズなのです。悩みどころなのですが、ばっさり削除することにしました。ただ、閲覧さえできないというのはさすがにまずいので、Microsoftが配布しているOfficeViewerをインストールすることにします。

http://www.microsoft.com/Downloads/details.aspx?familyid=95E24C87-8732-48D5-8689-AB826E7B8FDF&displaylang=ja
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=c8378bf4-996c-4569-b547-75edbd03aaf0&displaylang=JA
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=428D5727-43AB-4F24-90B7-A94784AF71A4&displaylang=ja

PowerPointViewerだけがCドライブ強制インストールなのが謎ですが、それほどサイズは消費しません。
また、盲点になりがちだと思うのがStarSuite 8に含まれるフォントです。StarSuite 8をアンインストールしても、フォントは消されないのです。C:\WINDOWS\FONTSフォルダから、「Sun」と名前の付いたフォントを消していくだけで、100MBは削減できます。

あとは、.NetFrameworkも使いたいアプリがなければ必要ないですね。

これでCドライブの残り容量は1.8GB程度になっているはずです。dllcacheを削除すれば2GBを超えそうですが、これだけあれば十分ですのでやめておくことにしました。

設定はいろいろ大変ですが、2chのEeePCスレなどを見ながらやっていると、みんなでやっている感じがして楽しいですね。それに愛着もわいてきます。これから大切に使っていこうと思います。

|

« EeePC901を開封してみました | トップページ | ctagsをWin32環境でビルドする »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/41917448

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC901の初期設定:

« EeePC901を開封してみました | トップページ | ctagsをWin32環境でビルドする »