« 初音ミクの曲(動画)個人的な十選 | トップページ

シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代

シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代

著者:梅田望夫
出版社:中央公論新社

梅田望夫さんの本は、Web進化論しか読んだことがないのですが、今インターネットで起こっていることを的確に説明した本だという印象でした。例えば「Googleの何が凄いのか」を一番きちんと説明しているのは、僕が今まで読んだ中ではこの本なんじゃないかと思います。

さらに梅田望夫さんは将棋ファンであることでも有名で、昨年の竜王戦のライブWeb観戦記はとても楽しみに読ませていただきました。内容が濃い上にわかりやすく、それほど将棋に詳しくない人でも楽しめる観戦記だったと思います。

その梅田望夫さんが将棋に関する本を出版され、しかもかなり面白いという話を聞きましたので、買ってみました。読み始めたところ評判通り面白く、最後まで一気に読んでしまいました。こんなに一気に読んだ本は久しぶりです。

まず、この本を一目見た方は、「どうしてWeb業界の人が将棋の本を書いているんだ?」という疑問を持つのではないのかと思います。至極最もな反応です。今まで将棋の本というのは、プロの棋士か、長く将棋を取材してきた新聞社や雑誌の観戦記者によって書かれてきました。

将棋というゲームは完全情報ゲームであり、運の要素がほぼありません。(ほぼ、と書いたのは、先手と後手はランダムに決めるためです。)
時間と思考能力さえあれば、いくらでも深く考えることができます。それだけに、将棋の本を書くには、内容が正しいことを担保するために、将棋のことを深く知っていること、つまるところ「将棋が強いこと」が必要であるとされてきました。
またそれと共に、将棋ファンも実際に将棋を指さないと将棋のことを語ってはいけないという風潮があります。

梅田望夫さんはこの前提は違うのではないか、と指摘しています。将棋をあまり指さなくて、あまり強くなくても、戦術本でなければ将棋の本を書いてもよいのではないか。また、例えば多くの野球ファンが実際には野球をしないように、将棋を指さない将棋ファンがいてもよいのではないだろうか。
そして実際に、将棋をあまり指さない自分が、将棋を指さない将棋ファンでも楽しめるような本を書いてみせたのです。
(ただ、梅田望夫さんが生半可ではない、熱烈な将棋ファンであることは確かです…何しろ、シリコンバレーに住んでいるにもかかわらず、将棋雑誌を毎号取り寄せているくらいですから!)

僕はまさしく「将棋を指さない将棋ファン」なので、梅田望夫さんが主張されていることにはとても頷けました。例え将棋を指せなくても、大まかなルールさえわかっていれば、プロの将棋を見るのはとても面白いのです。例えばサッカーの陣形(4-4-2とか、3-5-2とか)を語るように、将棋の陣形(矢倉とか、穴熊とか)を語ってもよいはずです。ロナウジーニョが人間業ではない動きでディフェンダーを抜いていくように、プロ棋士は信じられないほど深い読みで最善の一手を導きだします。(こちらの一局はニコニコ動画でも人気となりました。)

もちろん、シリコンバレーのコンサルタントならではの視点も面白いです。例えば将棋界を、「秘密も特許もない社会で技術がどのように発展していくかの実験場だ」と表現したり、プロ棋士の深浦さんを「若き日は技術を極め、後に人間の総合力を発揮して経営者となっていく可能性のあるタイプ」と表現するところは、なるほどと思いました。
でも、やはりこの本の面白さは、将棋のことが大好きな筆者が、将棋を指さない人でも楽しめるように書いた、という一点にあるのだと思います。今までの慣習に反するところもあるでしょうし、大変な仕事だったと思います。とても貴重な種類の本ですので、ぜひまた書いていただきたいなと思いました。

なお、これは将棋とは比べるべくもないくらいマイナージャンルなのですが、カードゲームのマジック・ザ・ギャザリングの世界も同じように「本格的にプレイしなくても横から見ているだけで楽しめる」ものだと思います。僕は時々オンライン版のゲームをプレイしたり、新しいカードが発売される度にカードリストを眺めたりして楽しんでいます。

インターネットの進化で、こういう楽しみ方ができるジャンルが増えてきたことは本当に素晴らしいことだと思います。

|

« 初音ミクの曲(動画)個人的な十選 | トップページ

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1789/45107281

この記事へのトラックバック一覧です: シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代:

» シリコンバレーから将棋を観る [即席の足跡《CURIO DAYS》]
シリコンバレーと本屋の売り場・その2・その3・その4・その5・その6・その7、と書いてきましたが、 「もう本屋の話はいい加減にしろよ」、「いつまでそんなことでごまかしてるんだ」、「ちゃんと読んだのなら本の内容のこと書かねーのか」、「もしかして読んでないんじゃないのか?」と評判悪かったので、やっとのことで遅ればせながら書きはじめることにします。 先日の八重洲ブックセンターでのサイン会で、梅田さんご本人からも、「書評楽しみにしてますよ。」なんて言われてしまった事もあり、かなりやばい緊張状態で、いつもの... [続きを読む]

受信: 2009.05.24 09:14

» スタイリッシュな Webデザイン(Flash/Dreamweaver/Fireworks)の基礎〜実践まで学べる [スタイリッシュな Webデザイン(Flash/Dreamweaver/Fireworks)の基礎〜実践まで学べる]
Webデザイン(Flash/Dreamweaver/Fireworks)でスタイリッシュなサイトの作り方を基礎から学べる。 [続きを読む]

受信: 2009.05.26 00:04

« 初音ミクの曲(動画)個人的な十選 | トップページ